段ボール工場で発生する屑・埃の処理。
集塵設備の製造・施工・メンテナンスのことならお任せ下さい。
HOME  サイトマップ  お問い合わせ  ■プライバシーポリシー
沖テック有限会社|段ボール工場で発生する屑・埃の処理、集塵設備の製造・施工・メンテナンスのことならお任せ下さい。
HOME集塵設備とは製品紹介施工実績会社案内
お問い合わせ
集塵設備とは
集塵設備一覧
  集塵装置

  シュレッダー

  サイクロン サイクロン

  防音パネル

  集塵設備関係

  その他
工場設備一覧
  シャーリング

  ベンダー

  プラズマ切断機

  バンドソー

  三本ローラー

  コーナーシャー

  半自動溶接機

  天井クレーン

  塗装ブース

  2tトラック

  フォークリフト
HOME > 集塵設備とは
集塵設備とは

工場内の製造ラインにおいて発生する粉塵・切屑。


一度、室内空間に拡散してしまった際、それらを処理するには大きな風量で部屋全体を換気しなければ環境改善はできませんが、発生源から吸引すれば小さな風量で大きな効果が得られます。

ダクト方式の空気力によって、紙粉や紙片・廃紙等を輸送するシステム。

それが集塵設備です。
集塵設備
製造ライン等から排出される紙粉や紙片・廃紙等を空気力によって吸引します。

吸引した紙片はカッターブロアにより20mm〜100mmに裁断後、ダクト方式によりサイクロンまで空気輸送します。

紙粉や紙片・廃紙等を含んだ空気をサイクロン内で旋回させその遠心力によりサイクロン外壁に沿って廃紙・紙片を落下させます。

サイクロン下部に溜まった廃紙・紙片はベーラーの油圧により圧縮し排出されます。
一方、紙粉を含む空気はサイクロン中心部を旋回上昇し、再びダクト方式により集塵装置へ空気輸送します。

集塵装置内部を通過した紙粉は内部のフィルターによりろ過されるため清浄化した空気だけを室内に戻します。
また、ダクト内の風速が遅いと紙片等がダクト内に推積し、ダクトが詰まったり、逆に風量が早すぎると、騒音や磨耗の原因になってしまいます。

したがって、紙粉や紙片・廃紙の発生量、発生源の形状、ダクト経路等に応じて最適な処理方法を設計する必要があります。
さらに紙片等の吸引から圧縮処理までの工程は、自動制御機により制御されているため、無人化が可能です。
コンパクトな設計により、省スペースで作業効率の改善も図れます。

よりコンパクトに!
より早く!
より効率的に!
より綺麗に!
より大切に!を目指して


お客様のご要望に応じ、最適な計画、設計、施工をご提案致します。

より良い作業環境実現のためにも、製造ラインのある工場においては集塵設備は必要不可欠であります。

 



沖テック有限会社 〒489-0975 愛知県瀬戸市山の田町43-389 営業時間:8:00〜17:30(定休日:土日祝)
TEL:0561-89-5558 FAX:0561-89-5538 E-mail: okitech-c@poppy.ocn.ne.jp
COPYRIGHT(C) 沖テック有限会社 ALL RIGHTS RESERVED.